【おしゃれだけど安い】チャングーのおすすめホテル 6選

海外旅行

みなさんこんにちは。

新しいホテルやカフェが沢山できている、いまバリ島の最もホットな街のチャングーで日本人が安心して泊まれるホテルを紹介します。

比較的安い値段で快適に過ごせる清潔感のホテルを厳選していますので海外旅行での中長期宿泊にもおすすめです。

バリ島で開催されているノマドワーカーのためのワークショップ、「ノマドニア」の生徒が宿泊したおすすめホテルをリアルな感想と合わせて紹介します。ノマドニアinバリ島に参加する皆さんにもみていただきたいホテルです。

是非最後までご覧ください。

 

バリ島のホテルってどんな感じ?

バリ島のチャングーエリアのホテルは概ねトイレやシャワーなどの水回りは外にあることが多く日本のように建物内にあるシャワールームは少ない印象です。

ホテルの部屋自体も暑い地域のため風通しを良くするためか、ドアと壁の間にややすきまがあったりと外の空間と繋がっている感じがあります。そのため虫がよく出ますが、構造上の問題であり虫が出るから汚いホテルというわけではありません。

食事は提供されていないホテルことが多く、近くのおしゃれなカフェや小さな屋台などでの外食が主流です。チャングーエリアにはおしゃれなカフェや飲食店が多いため食事には困ることはなさそうです。

施設に関しては安めのホテルでもプールがついていることが多く、泳いだり涼んだりと優雅に過ごすことができます。

それではホテルの紹介に移りたいと思います。

 

おすすめホテル6選

 

ノマドニアバリ島2期の方にご協力いただき、実際に宿泊したホテルの情報を以下の4つの視点でアンケートを取りました。

2023年6月の情報であり、最新の情報につきましてはご自身でご確認をお願い致します。

 

アンケート集計した情報
  • 宿の名前
  • 予約サイト
  • 1泊あたりの料金(こちらは支払った料金を宿泊日数で割って計算したもののため、滞在日数によってばらつきが出る場合があります。)
  • 実際に宿泊した感想

以上4つの視点から宿の紹介をします。

 

おすすめ宿 その1

  1. Carik Bali Guest House Canggu
  2. Booking.com
  3. 476,275Rp(約4700円)
  4. こちらはノマドニアの会場となるワルンシーシャから徒歩1分にあるホテルです。

お部屋の中には机と椅子があり、ワーケーションするにはピッタリのお部屋です。設備面でも部屋の中に小さな冷蔵庫があったり、収納が多いなど、充実しているホテルです。

周辺ホテルよりはやや高めの料金設定ではありますが、ワルンシーシャまでの時間とバイクタクシー料金を考えると余裕がある方はこちらに宿泊するのもいいですね。

長期滞在の場合は1泊あたりの料金が安くなる場合もあるので、交渉次第で料金を下げられるかもとの情報です。リネン類の交換は毎日は行っていないようなので、毎日交換してほしいという方はスタッフさんに相談が必要です。またWi-Fiが時折遅くなってしまうことがあります。

 

すこし値段は高いけど快適さを求めるならここが1番かな

おすすめ宿 その2

  1.  North Wing Canggu Resort
  2.  Agoda
  3.  250,515Rp(約2,500円)
  4. こちらはワルンシーシャより徒歩20分のホテルです。

ホテルの環境としては、客層はファミリーや落ち着いたカップルが多く静かに過ごすことができます。お部屋のお掃除はスタッフさんに声をかければいつでもしてくれて、その度にタオルも交換してくれるというきれい好きには嬉しいサービスがあります。

クーラーも完備されており、お部屋は快適です。クローゼットも大きめで荷物が多くなってしまった人も安心して宿泊できます。ただクローゼットの鍵はないそうなので、実際に宿泊した方は外出時はトランク用の鍵付きベルトを取っ手に巻きつけて施錠しているとのことでした。

朝方メンテナンスで断水になることや水量にムラがあることがあるのでそちらだけご注意ください。Wi-Fiは概ね安定していますがZoomが突然切断されてしまうことがあったそうです。

オーナーさんは日本語ペラペラで、他のスタッフさんも英語が堪能ということでしたので、コミュニケーションの点では安心です。

 

落ち着いて静かに過ごしたい人におすすめのホテルですね

おすすめ宿 その3

  1. The Chillhouse Canggu by BVR Holiday Rentals
  2. Agoda
  3. 360,000Rp(約3,600円)
  4. こちらはワルンシーシャから徒歩18分のホテルです。かわいいお部屋の内装や広いプールが特徴的なホテルです。

設備面のよいところは個人のお部屋に冷蔵庫があることや、収納棚がたくさんあり、荷物が多くても整理整頓できる点が上げられます。またベッドは天蓋付きでリゾートのようなちょっとリッチな気分を味わえます。ワーキングスペースも完備しており、安心してリモートワークも可能です。

ただ、夜に出歩く際には近くの道路に野犬の群れが近くにいることが多く犬が苦手な人には向かないホテルです。また時折屋根裏よりネズミの走る音が聞こえることがあったとのことでした。

 

南国らしい雰囲気を味わいたいひとにおすすめ

おすすめ宿 その4

  1. Sepeda Hostel
  2. ホステルのWebサイト
  3. 184000Rp(約1840円)
  4. こちらはワルンシーシャから徒歩20分のホステルです。ドミトリーと個室が選べます。上記の料金はドミトリーの料金です。

2023年にできた新しいホテルのため水回りやお部屋はとてもきれいです。エアコンやシャワーのお湯も完備されています。朝ごはんがついており、軽食を食べることができます。日本語を話せるスタッフさんもおり、コミュニケーションも安心してとれます。

Wi-Fiは通常のものとコワーキング用があり、コワーキング用のものは会議等でも不便を感じずに使用できます。やや難点としては一番近いコンビニが徒歩7分程度で少し遠いことと寝返りを打つとベッドがきしむので、その音で夜目が覚めてしまうことがあるとのことでした。またホテルまでの道が50メートルほど砂利道で夜は街灯が少なく薄暗いため、iPhoneのライトが夜には必須です。

 

ドミトリーの中ではトップクラスの清潔感!

おすすめ宿 その5

  1. villalotus8
  2. Airbnb
  3. 152,100Rp(約1521円)
  4. こちらのホテルはワルンシーシャから徒歩5分のところにあります。

共用のキッチンがあり、簡単な調理も可能です。こちらには珍しく、宿泊者が利用可能な洗濯機があり、自分の洗いたいタイミングで洗濯が可能です。バリ島には洗濯サービスがありますが、次の日にならないと返却されないので洗濯機の設備は嬉しいですね。

また広さも30平米以上あり収納も充実しています。2〜3日に1度清掃が入るとのことで清潔さも保たれています。

オーナーさんは日本人で、スタッフのかたも日本語でコミュニケーションを取れる方がいらっしゃいます。

難点としてはグレードが低い部屋は半地下のため湿度が高めであることや、虫やヤモリが部屋の中に出ることがあるとのことでした。水回りは少し汚い印象があるとのことです。Wi-Fiはあるが、まれに切れてしまうことがあります。

この価格で清潔で広いお部屋はとっても嬉しい!

 

おすすめ宿 その6

  1. Cheap Room in Kevamour House Canggu
  2. Airbnb
  3. 124300Rp(約1243円)
  4. こちらもワルンシーシャから徒歩20分のところにある1軒屋の1室の宿泊先です。

可愛らしい内装で、住宅街のなかにあるおうちなので騒音がなく、快適にすごすことができます。1軒家の1室を借りることができるので、プライベート空間もあり、価格は上げずに個室に宿泊したい方にはおすすめです。

キッチンは自由に使用可能で簡単な調理も可能です。ウォーターサーバーもあり、わざわざコンビニへお水を買いに行かなくてもよいです。

オーナーさんは英語が話せるそうなので、コミュニケーションは基本は英語を使用することになります。またオーナーさんが1回80円で洗濯をしてくれるサービスがあるとのことでした。

難点としては水回りの環境がやや簡易的であることです。こちらのシャワーは温水ではなく水のみで、トイレはレバーで流すのではなく桶で水をくんで流すスタイルです。バリ島では時折見かけるスタイルで、宿泊しているうちに慣れるとのことでした。

 

最安のお部屋だけど清潔感や設備を考えるとありですね

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はバリ島チャングーのおすすめホテルをご紹介しました。

バリ島は1000円台からでも宿泊できるホテルもあり、格安で長期滞在が可能です。水回りや広さなど妥協できる点があるとどんどんコストを下げることもできます。最初は虫の多さや慣れない音などの問題もありますが、実際に過ごしている人の声を聞くとすぐに慣れてしまうとのことでした。

ぜひ中長期での滞在を考えている人に参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました