プロフィール

みなさんこんにちは😊 HONOKAです。

 

このブログではアラサー女子が看護師をやめてITフリーランスノマドワーカーを目指す奮闘記をお送りしたいと思います。

 

なんで安泰の看護師辞めたの?やっぱりいじめられたから?なぜフリーランスを目指すの?ノマドワーカーってなに??

などなどさまざまなご意見あると思いますが、ゆっくりこのブログでお話しできればと思います。

今日の自己紹介ブログを読むとこんなことがわかります!

  • HONOKAってどんなひと?
  • どこで何科の看護師だったの?
  • 看護師やめてこれからどうするの?

私の今年のビジョンボードに添えた言葉をみなさんにもお届けします。

Forgiveness is a gift you give yourself.

https://meigen-ijin.com/suzanne-somers/

HONOKAってだれ?

1997年4月生まれの26歳。女性です。

髪の毛はやや長めの明るめブラウン。まだまだ伸ばしていく予定。

今年はhealthyに生きていくことを目標にしているので、髪の毛は地毛に戻す計画をしております。

ヘアケア頑張り中。

青森県で3兄弟の末っ子として生まれ、幼い頃から男勝りな性格だと言われて育ったわんぱく娘です。

ソフトボールや野球が好きで、部活動も中高ソフトボールを続けていました。

大学では硬式野球部のマネージャー主務(という名のアイドル枠・これまで選手歴しかないのでスコアすら書けない)を務めた経験もあります。

大学時代は最高トリプルワークの経験もしながら、4年間小さな居酒屋でアルバイトをしました。

日本酒に関してはそんじょそこらの女の子に負けないくらいに詳しい自信あります。

あとは酔っ払ったおじさんを気分を害さずにあしらうテクニックを身につけました。

男勝りと言われながらもあまり表出できない繊細さも抱えていた分生きにくさを感じる人生でしたが、大学4年間の人との出会いや支えてくれた友人・バイト先のお姉様方・先輩後輩に恵まれて人生最高の時間を過ごした4年でした。

 

看護師だった?なぜやめた?

新卒コロナ禍で、都内で救急・集中治療の領域で看護師として働いていました。

働いた期間は3年と少しです。そのうちの2年はコロナの重症集中治療、1年くらいは一般の救急・集中治療領域の患者様の看護をおこなっていました。

脳外科・循環器科・救急科の患者さんがほとんどでした。

私の勤めた病院は専門看護師さんや認定看護師さんの先輩も多く、また残業も基本的には少なく、先輩から帰っていくスタイルで昨今いわれるブラックな勤務形態などはありませんでした。

ただ仕事終わらないともちろん帰れないし、なぜ帰れないのかを説明しなければならないのと、新人は残業をしないように先輩へ残務を渡すことになるため精神的なストレスは多々ありました。なつかしいです。

やめた経緯については体の不調が続いたことと、看護師のキャリアを考えたときになかなか突き詰めたい方向が見つからずこのままただここにいるだけの人になりたくないと思ったことが大きいです。

また書くことや作ることを仕事にする方法があると気づいたことなどなどが重なり、今年の3月でお仕事は一旦終わりにしました。

 

いまはなにしてるの?

2023年3月で看護師の仕事を辞めた後、日本や世界各地からSNS投稿しています。

コロナ禍でリモートワークが普及したことや、女性としてライフイベントがあっても自分の好きな仕事を継続したいという思いからノマドというワークスタイルに興味を持ちITフリーランスを目指しています。

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%89-189361

もともとはそれほど旅行好きという性格ではありませんでしたが仕事をやめて1ヶ月間奄美大島で移住生活をしたことをきっかけに中長期で旅行先に滞在しながら働くスタイルを好きになりました。

旅をしながらその土地の文化を知り、美味しいものを知り、その土地の人とふれあいながら仕事ができるのって、ノマドワーカーの特権だと思います。

これから個人の自由な働き方がどんどん広がっていくと思いますが、旅行と仕事を兼ね備えることができる働き方は最高です。

その一歩として、ノマドワーカーの仲間づくりのために「ノマドニア」という日本最大のノマドワーカーコミュニティに参加しています。

1ヶ月で10職種の職業体験をしながら人脈づくりやコミュニティ参加までできてしまいます。

ノマドワーカーについてまわる「孤独」の二文字を簡単に解決してしまうノマドニア。

みなさんも興味が湧いたら調べてみてくださいね。体験説明会も随時開催しています。

/https://nomadnia.net/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまでの人生からがらりと方向性を変えてこれからの人生自分の好きなことをして生きていきたいと考えています。

  • HONOKAは元看護師の1997年4月生まれの26歳、女性。
  • 東京都で救命救急センター集中治療室の看護師だった
  • 看護師やめてこれからITフリーランスノマドを目指している

ぜひこれから海外旅行に行く人やノマドを目指す人に有益な情報を発信して行きますので、見に来てください。

Twitter、Instagramのフォローもお待ちしております。

タイトルとURLをコピーしました