【ノマドワーカーを目指す】自由な働き方を実現するための最適な職種6選

ノマド体験

近年、働き方の多様化や新型コロナウイルスの流行からテレワークが普及しています。

 

時間や場所を問わずに自由に仕事ができるようになると、もっと生活の自由度があがりますよね。

 

今回は世界中のどこでも自由に働くことができる、最近話題のノマドワーカーについてご紹介したいと思います。

これを読めばあなたもノマドワークにおすすめの職種がわかります。

 

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーという名前は「nomad」という遊牧民を指す言葉に「worker」という労働者の意味合いの言葉がついた造語です。

 

特定の場所に出勤するのではなく、インターネットのつながる自由な場所で働く人のことを指します。

 

例えば会社に属していてもフルリモートで、自分の好きな場所で好きな時間に働くスタイルを取っている場合はその人はノマドワーカーであると言えます。

 

このように自由な場所でPCやタブレット、スマートフォンなどを用いて仕事をする人たちをノマドワーカーと言います。

 

働く場所

ノマドワーカーはPCやタブレットを用いて仕事をするため、インターネット環境が整っていることがもっとも重要な条件です。

 

街中であれば公共のwi-fiを使用することも可能ですがポケットwi-fiを用いることによって、より場所にとらわれずに自然の中でも作業が可能です。

 

具体的な場所は以下のような場所があります。

 

  • カフェ
  • 図書館
  • コワーキングスペース
  • インターネットカフェ
  • 旅行先(国内海外問わず)
  • ホテル
  • 山や海など好きな風景の場所

 

このようにインターネット環境さえあれば場所を問わず地球全体が働く場所となり得ます。

 

おすすめ職種

ノマドワーカーにおすすめのオンラインで仕事が完結できる職種を6つご紹介します。

  • Webライター
  • 動画編集
  • Webデザイナー
  • Webマーケター
  • エンジニア
  • SNS運用代行

 

WEBライター

スキルが無くともPC1台で仕事を始めることができるため比較的ハードルはそれほど高くはありません。

 

正しい日本語で読者の悩みを解決することができれば仕事が可能です。

 

ChatGPTの普及により今後需要が縮小するとの声もありますが、情報精査や求められた情報をわかりやすく提示するスキルはAIの及ばない範囲であると言えます。

 

今後も需要はある職種です。

 

動画編集

オンライン上の動画のコンテンツを編集する職種です。

 

30秒程度の短い動画から10分以上の長い動画までさまざまな種類の動画のカット、テロップや効果音の挿入を行います。

 

編集用ソフトはオンラインで無料のものも多く、初期投資はそれほど高額ではありません。

 

各種SNSの普及により今後さらに需要拡大が見込まれます。

 

WEBデザイナー

WEBデザイナーはオンラインサイトを視覚面に対し構成や配色等を考えることでよりクライアントの思いが伝わるようなデザインを作っていく職種です。

 

ホームページの作成や広告バナー、ランディングページの作成等が主な業務となります。

 

またツイッターやインスタグラムなどのSNSの画像作成なども仕事の一つです。

 

WEBマーケター

WEBマーケターは主にSNS等を用いて企業の商品が売れる仕組みを作ったり、ホームページへの集客を行うなど、さまざまな改善策を実施していく職種です。

 

近年インターネットの普及により広告は新聞やテレビからSNSやオンラインでの働きかけに変化してきています。

 

WEBの基礎知識、各種SNSの特徴やマーケティングスキルなど、専門的な知識や技術が必要となります。

 

ですがその分ノマドワーカーでも高収入を目指すことが可能です。

 

エンジニア

システムエンジニアやプログラマー、Webエンジニアなど様々な種類があります。

 

主にコンピューターシステムやWEBシステムの構築を行う仕事です。

 

ノマドワーカーであれば時間にとらわれず仕事ができるため、自分の集中力が高い時間を選んで活動することが可能となります。そのため生産性の向上が期待できます。

 

IT技術の発展によりITエンジニアの需要は拡大しています。

 

ノマドワーカーでエンジニアとして働くには専門的知識や技術が必要ですが、専門職であるためその分収入を得やすいです。

 

SNS運用代行

様々な企業がツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどの自社のSNSを持っています。

 

企業の商品やサービスの認知拡大、消費者との交流、プロモーションなどを行うために企業SNSの運用を代行する職種です。

 

投稿コンテンツの作成だけではなく、打ち合わせや撮影、マーケティングの要素も必要となる場合もあります。

 

ノマドワーカーのメリット・デメリット

ノマドワーカーとして働くメリットとしては、以下のことが挙げられます。

 

・自分の好きなタイミングで働ける

・働く場所が自由

・通勤がないため時間を有効活用できる

・ストレスを軽減しやすい

・旅行に行きやすい

・住む場所が柔軟に決められるため多くの文化や価値観に触れられる

・ライフステージに合わせて働き方を選べる

 

ノマドワーカーとして働くデメリットとしては、以下のことが挙げられます。

 

・収入が不安定になりやすい

・作業場所の確保にコストがかかる

・職種によっては孤独になりやすい

・タスクや時間、お金の自己管理が必要

・セキュリティの保持が必要

・新しい土地での適応能力が必要

 

会社員として働いていれば無縁である作業場所のコストや孤独感、新天地での適応能力など、デメリットもあります。

自分には不向きかもしれないと感じた方はノマドワーカーのコミュニティに参加することをおすすめします。

 

ノマドワーカーの最大コミュニティノマドニア

ノマドニアはノマドを目指す人達の理想を叶える手段の提供をしているコミュニティです。

 

実際に世界各地で1ヶ月間ワークショップを通してノマド体験の機会を提供しています。

 

1ヶ月の中で10種類の職種を体験し、自分の興味のある仕事を探すことができます。

 

また200名以上の卒業生が在籍するノマドコミュニティに参加できることで、孤独になりがちなノマドワーカーが繋がり合い、精神的に支え合うことや仕事を紹介し合うことができます。

 

新天地での生活にハードルを感じる方も多いかと思いますが、ノマドワーカーの最大コミュニティのため、各国各地の情報にふれることができ安心して新しい土地で生活することができます。

 

ノマドワーカーに憧れるけれど一人じゃ不安…という方は無料の相談会もあるので気軽に参加してみてください。

 

実際にノマドワーカーとして働く方と話すことでより身近に感じられ、新しい自分にきっと会いたくなります。

 

 

ノマドニア無料説明会に参加してノマドワーカーの第一歩を踏み出す

 

終わりに

ノマドワーカーとは自分の好きな場所で好きなときに仕事をする人たちのことを指します。

おすすめの職種は

  • WEBライター
  • 動画編集
  • WEBデザイナー
  • WEBマーケター
  • エンジニア
  • SNS運用代行

 

これらの仕事はオンライン上でのやり取りが主となるためインターネット環境は必須です。

 

スキルによっては高収入を叶えることが可能ですが、仮にスキルが無くとも仕事はできます。

 

またノマドワーカーへの第一歩はコミュニティに参加することで心理的ハードルを下げられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました